今年の流行語大賞を考える中坊進二

2016年度の流行語大賞は何になるのでしょうか。
有名人のセリフが選ばれる傾向があり、
2014年の北島康介選手の「気持ちいい!超気持ちいい!」
ニュースで観た方は多いと思います。
中坊進二が読んだ今朝のニュースだと、
宇宙飛行士の大西卓哉さんが地球に帰還した際の一言、
「地球は空気が美味しい」が印象深かったです。



流行語大賞は選考委員会が決めるため、予測するのが難しいです。
ポケモンGOの歩きスマホ、こち亀連載終了、SMAP解散、築地移転問題、
天皇陛下生前退位、君の名は。など今年話題になったニュースはいくつもあります。
中坊進二としては、広島の黒田博樹選手の引退もかなりのニュースです。
どれも話題性が多くて、ひとつに決めるのが難しいです。
審査員はどうやって決めていくのか、とても気になります。

記憶力の関係で、私たちはどうしても最近のニュースしか覚えていません。
2016年1月頃はマイナンバーが騒がれていましたが、
今や何の話題だったか覚えている方は少ないと思います。
中坊進二も完全に忘れました。
今調べ直しましたが、どうやら2016年1月からマイナンバー制度が開始したそうです。
しかし、マイナンバーで何が出来るか、何をしなければいけないかを知る方は、
やはり少ない気がします。



会社の源泉徴収の関係で必要だったと思いますが、
そのマイナンバーの細かい手続きは会社がやってくれました。
その時に教えたキリで、中坊進二は自分のマイナンバーを全く思い出せません。
何桁かすらも覚えていないほどです。
今調べましたが、12桁でした。
マイナンバーのニュースで記憶に新しいのは、どちらかと言ったら、
通知カードが遅れたことです。
これすらも何月のことか思い出せません。
人間の記憶と言うものは、3ヶ月も遡るだけで上手く思い出せないものなのです。

審査員はこうした過去の話題でも最近のニュースと同様に、
平等な視点でもって流行語大賞を決めていくと思います。
しかし、一次審査は読者アンケートによる投票なので、
若干の偏りがあるのは否めません。
中坊進二だって、今なら「地球の空気が美味しい」に一票を投じます。



流行語と言っている割には、あまり言葉は選出されません。
どちらかと言ったら、「話題となった言葉」と言った方が適切かもしれません。
流行語が発表されるのは12月1日です。
土日の場合は平日に繰り越されますが、あと1ヶ月を切っています。
一体何がノミネートされるのか、中坊進二はかなり気になっています。